時効の援用で借金をなくそう!【相続で引き継いだ負債も0に】
ロゴ

時効の援用が適応される条件ってなに?詳しいことは弁護士に相談

踏み倒すことではない

時効の援用は借金を踏み倒すということではありません。しっかりとした書類作成を行ない、法に従って行なうのできちんとした手続きになっているのです。後ろめたい気持ちも分かりますが、手続きを取っている以上正当な方法と言えるでしょう。

時効の援用の依頼ケース

ガッツポーズ

書類作成代行の依頼

手続きに必要な書類作成を依頼する場合には、行政書士に相談することが出来ます。行政書士の場合だと費用を安く抑えることが出来るため活用している方々も大阪には大勢います。

手続きもお願いする場合

時効の援用で必要な書類作成だけでなく、手続きから貸主とのやり取りまでを全て依頼するのであれば、認定司法書士か弁護士への相談になります。交渉する術や対策を持ち合わせているので安心して依頼することが出来るようになります。

自分で行なう場合

時効の採用を自分だけで行なう場合には、消滅時効援用通知書という書類の作成を行なう必要があります。またこの書類を作成した後に債権者に受け取ってもらう必要があるので、難易度が高くなるのです。

時効の援用で借金をなくそう!【相続で引き継いだ負債も0に】

書類を書く人

借金の相続

相続には良い物と悪い物があります。土地や資産などの財産はプラスになりますが、借金などの負債も相続に含まれます。相続のすべてが良いものという訳ではないのです。

男女

相続の借金もなくせる

相続で受け継いだ負債や借金は正しい手続きを行なうことで無くすことが出来ます。時効の援用という方法を行なうことによって無くすことが出来るのですが、条件や手続きがいくつかあるので知っておきましょう。

弁護士

手続きや条件

時効の援用を適用させるための最低条件としては、知人や家族から受け継がれた借金、事業への借金というものがあります。また個人の借金の場合は時効までに10年かかるということも条件に関わっているので注意しましょう。

相談

専門家に相談

時効の援用は法律に詳しい専門家に相談したほうが効率が良いと言えます。特に相続や金銭トラブルに強い専門家がオススメですね。しっかりと手続きをすれば苦しい生活から抜け出すことも出来るでしょう。

債務の承認

時効の期間中に、返済期限の延長や一部返済などを行なうと債務の承認を行なったことになるので、時効が中断されてしまうことがあります。もしそのような話を持ち掛けられたなら、一度専門家に相談してから決めるようにしましょう。

広告募集中